あなたは、車の下取り査定で損しています

車を手放すなら、オンラインの無料査定で買い取り価格を確認してみてからにしてください。
オンライン査定を利用する人のイメージ車買取業者を上手に利用して、あなたの愛車の本当の価値を査定してくれます。

車の下取り価格は次の車の購入に重要な資金ただし、中古車の査定額に対して明確な価格というものではなく、状態も車によって違い、業者によって、査定額が異なります。

実際、一部の業者に査定して貰うと、業者によっては数十万円査定額に差があることもたくさんありますが、ほとんどの人はこの事実を知らないので、下取り査定をしていることさえ認識しないのです。

多くの方は車を購入する時、今乗っている車を下取りに出されるでしょう。かつては、次の購入車の販売店にて下取りをして貰うことが10年前の常識でした。

今では「車売却=車の下取り」という単純なアイデアでは大きな損失になるだけです。
これは、ほとんどの場合、下取りよりも、中古車買取専門店のほうが高額の査定額を提示するためです。

自動車買い取り業者へ売却するメリット

メリット1

時間やガソリン代も浪費せずに家に居ながらにして複数の業者からの見積もりがとれる!

メリット2

買い取りではオーディオやアルミホイールなどの社外部品もプラス査定に!

メリット3

年式の古い車でも、買い取り業者の査定を見てみると以外な高額査定をしてもらえることも!

なぜ査定額に差があるの?

多くの車を、中古車販売、中古販売店または販売店に直接評価基準というものがあり、それぞれ長所・不得意の分野があります。中古車査定価格の違いは、顧客と顧客の分野です。

たとえば、ディラー系列会社の場合、系列車の販売網が整備されているので、若干の査定額を高くしても、中古車を販売することができます。
つまり、査定額の違いは、中古品を販売している車の販売網が存在するかどうかによって、違いが出てきます。
あなたが販売網の弱いところで中古車を下取りに出した場合、査定額は間違いなく低くなるでしょう。

下取り査定の裏側

販売店は人気中古車だけを下取することはできません。むしろ、下取り車の多くは販売が困難な車種なのです。
ですから、販売店に損をしないためにも、最悪の場合、買い取り店に買い取ってもらうことも考えて、下取り査定は全体的に低くなっているんですね。

また、下取り査定が高いという感覚は、下取り価格に値引き分を上乗せして誤魔化しているからなんです。
本来、この割引は下取り車なしで割引されるものなんです。

しかし、価格の割引額がいくらか購入者には提示されないので、下取り査定額に相当する額を上乗せして、良い条件に見せかけたりするのはよくあることなんですね。

買い取り査定で損しないコツ

このような査定額の誤魔化し、格安下取りで損をしないようにするには、複数の買い取り業者にに自分の車を査定してもらうことです。

それぞれの査定額を比較する理由は本当に愛車を良い条件で買い取って貰う業者を知ることなんですが、手間や移動のガソリン代や時間がかかります。

しかし、車のオンライン査定を使用して、簡単に複数の会社にあなたの車を査定して貰えるので、一番条件の良い業者が家に居ながら探せて、査定額を比較することができます。

また、買い取り店のいいところは、下取りではオーディオやエアロパーツ、アルミホイールなどの社外部品は評価が低いが、査定の対象となることが多く、愛車を大切に乗ってきた人程高額査定になる可能性が高い。

査定を依頼したから、業者が突然家に来ることはなく、まずはメールまたは電話でお問い合わせの回答があるので、心配ありませんし、保留にすることも可能なので、車の売却で損しない為にも、前もって車のオンライン査定で今の愛車の価格を確認しておくことをお勧めします。

それに、買取店の査定価格を基準にすれば、あなたの自動車が適正な相場価格で下取りされているかどうかも分かりますので、愛車を手放す前にはオンラインの無料一括査定で、自分の車の価値を確かめておきましょう。

代表的な買い取りサービス

わずか45秒の入力で概算価格が分かります!!

車買取実績No.1のガリバー

ガリバーは車買取実績No.1全国500店舗のネットワークです。
「オンライン無料査定」で、で現在お持ちの車でどのくらいの価値があるのか​​を調査することが、乗り換え時の目安となります。
車種、年式、走行距離などの簡単な入力で概算価格を示す便利な無料のサービスです。
さらに、ガリバーなら、上のクラスの車両に達する程の査定結果を得ることができます!

詳細

関連情報

【キラリ甲信越】新潟県、EVの使用済み蓄電池活用 再生エネ安定利用へ実証実験
県は、電気自動車(EV)の使用済み電池を再使用した蓄電システムの実証実験を今月、新潟市中央区の県工業技術総合研究所でスタートさせた。太陽光発電と組み…
伊藤園や中古車販売のIDOMが総力戦で挑む変革とは?
…上げる“総力戦営業”』と題したセミナーイベントを開催。基調講演では、自動車の買取・販売会社であるIDOM(旧:ガリバーインターナショナル)の執行役員で…
帝人、自動車分野へ浸透図る 米樹脂加工メーカーを840億円で買収
…持つ。買収で北米中心に販路を広げ、自動車分野への浸透を図る。 今年12月までにCSPの既存株主から全株式を買い取り、完全子会社化する。費用は手元資金な…